data-ad-layout=”in-article”
data-ad-format=”fluid”
data-ad-client=”ca-pub-2538158845923156″
data-ad-slot=”5214384656″>

PORKSTARライティング講座VOL19

Secret to Success Road Sign with dramatic clouds and sky.

「読み手と書き手の心理的距離」

この目には見えない距離をいかにして縮めるのか。

これはあなたの大きな課題ではないでしょうか?

しかし、ここで少し考えてみてください。

そもそもなぜこの距離感は生まれるのでしょうか?

ズバリ!

それは「警戒心」ですよね?

えたいの知れない人が書いたえたいの知れない文章に警戒するのは当然のこと。

しかし、あなたがこの「警戒心」を解けるようにならない限り、永遠にあなたの文章は結果を残すことはできないでしょう。

それでは、どうすれば「警戒心」を取り除くことができるのか。

それは、ある「技術」を使いこなすことが大切になるのです!



読み手の警戒心を取り除く「技術」とは!?

先に結論を言います。

書き手と読者の心理的な距離は「人称」で変わる!

これが結論です。

この「人称」の使い方によって、読み手の文章に対する第一印象は確実に変わります。

ここで大切にしなければならないこと。

それは、

「人称の選び方によって文章の空気が決まってしまう」

ということです。

そして、その空気を作り出す要素として大切な知識は、

“2人称は距離を縮める”
“3人称は距離を取る”

ということ。

例えば、手紙文は普段のコミュニケーションを反映して「あなた」、「まさしくん」といった二人称が使われます。

反対に、3人称で書くと「ドライ」な印象を与えます。

「お困りの場合は岡本までお願いします」

「お困りの場合は、僕に聞いてください」

は後者のほうが親切な感じがするのはそういう理由なのです。

そして、2人称や呼びかけなどを駆使してできるだけ読み手に関係のある話のような雰囲気を演出することが大切になるのです!

是非、この技術をあなたの文章に活かしてみてはいかがでしょうか?

☆「結果に特化した」文章作成ならライティング事務所PORKSTAR!

solin3200020002000@yahoo.co.jp

情熱コピーライターが心を込めて文書作成致します ~おかげさまでリピート率8割越え!販売実績175件突破!~