3分で理解!売れる文章を書くためのたった1つの「技術」とは!?

突然ですが、次のコトバを見てあなたは何を感じますか?

 

「死ぬことに意味を持つな。生きるんだ!」

3年B組金八先生

 

「ちっちゃな本が、でかいこと言うじゃないか」

講談社文庫の広告

 

「マフィアが少年聖歌隊に見えるほどの巨悪組織」

ピーター・セラーズ(ピンクパンサー)

 

「事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!」

踊る大捜査線

 

どうでしょうか?

 

フムフム・・・

 

そうなんです。

 

実はこれらの文章は「構造」が一緒なのです!

 

どういう事でしょうか?

 

それは、

 

「正反対のコトバを使っている!」

 

ということなのです!

 

死ぬ                    ⇔          生きる

 

ちっちゃな        ⇔          でかい

 

マフィア            ⇔          少年聖歌隊

 

会議室                ⇔                        現場

 

これは偶然でしょうか?

 

実は、ここに「売れる文章」の秘訣があるのです!

 

■売れる文章を書くためのたった1つの「技術」とは!?

 

 まずあなたに確認していただきたいことが1つあります。

 

それは、

 

「売れる文章」とはどのような文章か!?

 

ということです。

 

あなたはどう思いますか?

 

これまでGlobal Agent として企業様、個人様に延べ1000本以上の文章を納品してきた著者が導き出した答えは、

 

「売れる文章=読まれる文章」

 

ということなのです!

 

さらに見ていきましょう。

 

「読まれる文章」とはどのような文章でしょうか?

 

それは、

 

「読者の心を揺さぶる文章」。

 

すなわち、

 

読者が続きを良みたい!って思える文章のことを指すのです!

 

そして、この「読者の心を揺さぶる」ためには「技術」が必要になるのです!

 

その技術とは、

 

冒頭で紹介した「正反対のコトバ」を使う!

 

ということなのです!

 

是非、あなたの文章にも活用してみてくださいね!

 

■企業様、個人様への文章納品実績1000件突破!リピート率80%以上!

文章作成ならGLOBALAGENTまで!

 

☆お問い合わせ

globalagentyamato@excite.co.jp

 

☆ココナラからも御購入可です!

https://coconala.com/services/82193?pos=10

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ