シリーズ75万部突破!

「伝え方が9割」を読んだ人も多いと思います。

しかし、実は読者の9割の人は伝え方のレシピ(考え方)を活かしきれていないと思います。

『伝え方が9割② 』には、成功例や素敵なエピソード、具体的な質問等に対する回答が凝縮されています。

また、新しい3つの技術や「ノー」を「イエス」に変える技術・「強いコトバ」を作る技術の実況中継は、楽しく、わかり易く、すぐに使うことができるのです。

本書の“凄さ”を少しだけ見てみましょう!

“コトバのレシピって何?”

伝え方には、レシピがあります。

それを、知っていれば誰にでも実行できるのです。

具体的には、

1.自分の頭の中をそのままコトバにしない
2.相手の頭の中を想像する
3.相手のメリットと一致するお願いをつくる

【相手の頭の中を想像する7つの切り口】

1.相手の好きなこと(要望を相手のメリットに置き換える)
2.嫌いなことの回避(要望をやらない場合のデメリットを伝える)
3.選択の自由(2つの選択肢を提示して、どちらか選ばせる)
4.認められたい欲(要望の前に、相手を認めていることを伝える)
5.あなた限定(相手に特別だと伝える)
6.チームワーク化(自分も一緒に行動すると勧誘する)
7.感謝(要望の時に一緒に感謝を伝える)

実際にこんな時に使う!

例えば、アパレルショップで店員さんに「すみません、このシャツは現品限りです」と言われたら頭にどんなイメージが浮かびますか?

・残り物
・誰かが試着したもの
・傷・汚れがあるもの

取り敢えず選択肢から消えてなくなるかもしれません。

ところが「こちら人気で、最後の一着なんです」と言われたら

・人気なら欲しい
・最後の一つを今なら買える

目的はシャツを売ることです。

事実をストレートに言っても売れませんし、相手は買いたくなりません。

ポイントは、事実をストレートに言うことではなく、どう伝えれば相手が買いたくなるか!を考えて伝えること。

どうしたら相手が買いたくなりますか?

相手の「好きな言葉」に変えればいいのです。

他にも例えばあなたは本屋の店長だとします。

万引きが多くて困っています。

「万引きは犯罪です」と張り紙しても、全く万引きが減りませんでした。

しかし、

「みなさんのおかげで、万引き犯を捕まえることができました。ご協力ありがとうございます」

と張り紙したら、万引きが激減しました。

万引き犯の視点でいえば「万引き犯が捕まった事実」ほど、嫌なことはないでしょう。

完全に万引きがなくなったわけではありませんが、「嫌いなこと回避」の伝え方で効果絶大です。

さらに、ここはある会社です。部下の報告があいまいで困っています。

「正確に報告しておかないと、ミスした時に、自分の責任になるぞ」

「嫌いなことの回避」を使った伝え方です。言っていることは正しいのですが、冷たい感じがします。

部下の報告の仕方によっては責任を負わされそうなイメージがあります。

この伝え方では、自分に非が無いように理論武装して報告してくるかもしれません。

「ミスは出るものだから、その前に私がフォローできるよう、報告だけは正確にしておいて」

「君の評価をあげたいんだよ。途中の報告をきちんとしてくれると評価しやすいんだ」

「相手の好きなこと」、「認められたい欲」を使えば、このように変わります。

目的は部下に事実を正確に報告してもらうこと。

そのためには、報告することのメリット、報告したくなる動機付けをすれば良いのです。

「伝わらない」とは、自分の伝えた通りの行動を相手がしてくれないことです。

例えば、伝わらない相手はこんなふうに考えています。

「内容は理解したけど、なぜ今私がやらなければいけないの? これをするとどんなメリットがあるの?」

つまり、相手は内容を理解しても、必要性や利益がなければ行動しないのです。

これが伝わらない原因です。

自分が言いたいことをストレートに言うのではなく、相手の頭の中を理解して、レシピの7つの切り口に当てはめ、相手のメリットと一致するお願いにするのです。

毎日練習していると、常に相手の視点で相手がどうしたいのかを考える癖が付きます。

つまり、相手への気遣いができるようになるのです。

これは実践することに価値があります。

第1弾を読んだ人の9割は、楽しく納得したけれど活用はしていないと思います。

私たちライティング事務所PORKSTARでも研修で利用している良書です!

第1弾を読んだ人は、是非第2弾をお読みください。

具体的なので、実行するとき役に立ちます。

「伝え方が9割」を読んでない人は、損をすると思います。

このレシピは、伝え方が上手な人のコトバの使い方を抽出したものです。

だから、みんな使いはじめています。

新しい気遣いの仕方、乗り遅れないように読んだほうがいいですよ。