PORKSTARライティング講座VOL.96

極端に高いか、安いか、インパクトのある価格を前面に押し出すと、否応なしに目が惹きつけられるものです。

中途半端な価格ではなく、極端な価格のほうがその効果は絶大です。

今日は、そんな「価格」お前面にしたコピーの書き方を勉強しましょう!




「価格」を売りにして突き刺すコピーの書き方とは!?

価格を売りにしたコピーの書き方には「型」があります。

それは、

【価格】+【商品】+【サービス】

です!

これを応用した文章の書き方としては、

「5000千円ポッキリでこれだけのサービス」

というものです。

是非、この型を使ってみてください。反応率がいつもと異なることが分かるはずです。

それでは、実際にこの型を使って大成功した事例を見ていきましょう!

「価格」を前面に出して成功した事例

「価格」を前面に出して成功した事例。

それは、

「40周年ありがとう。ドーナツ100円セール」
(ミスタードーナツ)

です。

これは、「100円」の「100」を100円玉に似せることで、目を惹きつける工夫をしています。

これにより、大きな利益を上げたことは言うまでもありません。

PORKSTARPORKSTAR

是非、あなたの文章にも組み込んでくれブヒ!




☆「結果に特化した」文章作成ならライティング事務所PORKSTAR!

globalagentyamato@excite.co.jp

情熱コピーライターが心を込めて文書作成致します ~おかげさまでリピート率8割越え!販売実績175件突破!~