PORKSTARライティング講座VOL.100

商売気のないエピソードは、人の心に訴えかけることができます。

この習性を利用して、エピソードを興味深く書き、目に焼きつかせる効果があるのです。

今回は、そんな「エピソードコピー」の書き方について学んでいきましょう!




“エピソード”をメインにしたコピーの書き方!

エピソードをメインにしたコピーの書き方は、

【体験エピソード】OR【客観的事実】 

です。

具体的には、

「信じられないかもしれませんが、こうして私はひと晩で成績をアップさせました」

こんな感じでしょうか?

それでは、エピソードを最大限に引き出したコピーの事例を見ていきましょう!

エピソードを最大限に引き出したコピー事例

エピソードを最大限に引き出したコピー事例。

それは・・・

「なんで、私が東大に。京大に。医学部に。」
(四谷学院)

これは、予備校のコピーです。

実際の受験者と共に難関校や難関学部名を出して簡潔なエピソードコピーに仕上げているのです!

是非、あなたもエピソードをコピーに取り入れてみてはいかがでしょうか?

PORKSTARPORKSTAR

是非、この型を使ってみてくれブヒ!




☆「結果に特化した」文章作成ならライティング事務所PORKSTAR!

globalagentyamato@excite.co.jp

情熱コピーライターが心を込めて文書作成致します ~おかげさまでリピート率8割越え!販売実績175件突破!~