PORKSTARライティング講座VOL2

商品名や1行のフレーズによって商品がバカ売れしたり、大きな経済効果を生み出すことは非常に頻繁に起こりうることですよね?

それでは、そんな「1行」はどのようにしたら書くことができるのでしょうか?

それは、

「強い言葉を使う」

ということです。

強い言葉を使うことで、読者の心に刺さり記憶に残る。

そして、心に残ることで読者は行動したり、購買したりする。

それでは、どうすれば言葉を強くすることができるのでしょうか?

その方法は2つです。

言葉を強くする”2つの方法”とは?

1.常套句を避ける!

2.言葉の組み合わせを考える!

どういうことかでしょうか?

まず、1.の常套句とはそのジャンルでよく使われる言葉を指します。

飲食店で例えるならば、

「こだわりの・・・」
「厳選した・・・」
「極上の・・・」
「まごころを込めた・・・」
「くつろぎの・・・」

などといった言葉でしょうか。

次に、2の言葉の組み合わせについてです。

実は、「言葉の組み合わせ」が違うと、化学反応が起きて、言葉が強くなり印象的になることがあります。

VOL1でご紹介した「落ちないリンゴ」などがまさにその最たる例であると言えるでしょう。

普通の言葉の組み合わせではないところから化学反応が起きてインパクトが生まれているのです。

もし、あなたが今売り上げや集客で悩みを抱えているのならば是非この2つの方法を駆使して言葉を強くしてみてはいかがでしょうか?




☆「結果に特化した」文章作成ならライティング事務所PORKSTAR!
solin3200020002000@yahoo.co.jp