PORKSTARライティング講座VOL.97

「文章作成なんて結局最後は“気持ち”!」

これは、このライティング講座の中でも再三伝えさせていただいてきたマインドセットです。

なぜ、私たちライティング事務所PORKSTARはここまで「マインドセット」を重要視するのでしょうか?

今回は、文章作成とマインドセットの不思議な関係を見ていきましょう!




あなたの為に書いた文章はあなたの為にならない

もし、今あなたが文章作成を通して“自分がお金を儲けたい”!と強く思っているとしたら恐らくあなたは良い結果を出すことは難しいでしょう。

これは、私たちPORKSTARが長年の執筆経験を基に導き出した文章作成における答えです。

どんなに素晴らしいコピーを書いても、ほれぼれするようなテクニックを使っても、その文章に“気持ち”が入っていなければその文章は決して結果を出すことはできないでしょう。

それでは、そうすれば文章に“気持ち”を入魂することができるのでしょうか?

文章にあなたの気持ちを込める方法

文章にあなたの気持ちを込める方法はただ1つ。

あなたには大切人がいますか?

恋人はいますか?

親友はいますか?

もし、あなたがその人たちに手紙を書くとしたらどんな文章を書くでしょうか?

この言葉で笑わせてやろう!

この言い回しでは“愛”の気持ちが伝わらないかも・・・

このようにわずか1つの単語にまでこだわり、文章を作成するのではないでしょうか?

「受けての気持ちに立ち」、受け手がどのように感じるのか。

無意識のうちにそんなことを創造しているはずです。

そう。

“仕事”で書く文章と“大好きな人”に書く文章は一目でその違いが分かるほどに異なるのです。

もうお分かりですよね。

“文章に気持ちを込める”ということは、“大好きな人を思って書く”ということ。

これまで思うような結果が出なかった人。

そんな人はもしかしたら激務や結果を求めるプレッシャーのあまり、この大切な気持ちを忘れていてしまったのかもしれません。

本来、文章を書くことは、相手のことを想像しながら楽しく書くもの。

あなたが、楽しく、尚且つ結果を出せる文章を書くことができるようになることを祈っています!

PORKSTARPORKSTAR

頑張ろうブヒ!




☆「結果に特化した」文章作成ならライティング事務所PORKSTAR!

globalagentyamato@excite.co.jp

情熱コピーライターが心を込めて文書作成致します ~おかげさまでリピート率8割越え!販売実績175件突破!~