PORKSTARライティング講座VOL61

「共感」してもらうためには、敷居が低くなくてはなりません。

政治やスポーツの話題は世間話の定番ですが、全く興味のない人もいます。

一方、

家族の話、健康問題、食べ物といったことは誰でも関わりのある敷居の低いテーマであるといえます。

誰でも、

食べて、寝て、家族や人と付き合いながら生活している。

だから、この手の話題は「共感」しやすいのです!

そこで今回は、多くの「共感」を得たベストセラー本を紹介します。



多くの「共感」を得たベストセラー本とは?

多くの共感を得たベストセラー本とは、

『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』 (山田真哉/光文社)という会計学の入門書です。

この本がもし、

『誰でもわかるやさしい会計学』だったらどうでしょう?

そこに共感はありません。

それでは、「共感」を得る要素とはどのようなものなのでしょうか?

「共感」を得る3つの要素とは?

「共感」を得る要素とは、

「誰でも体験していること」
「良く見聞きする話」
「ありがちな現象」

の要素をふまえて文章を作成すると、「わかる!わかる!」という「共感」を得ることができるようになるのです!

是非、あなたの文章に活かしてみてくださいね!




☆「結果に特化した」文章作成ならライティング事務所PORKSTAR!
solin3200020002000@yahoo.co.jp

PORKSTARPORKSTAR

情熱コピーライターが心を込めて文書作成致します ~おかげさまでリピート率8割越え!販売実績175件突破!~