data-ad-layout=”in-article”
data-ad-format=”fluid”
data-ad-client=”ca-pub-2538158845923156″
data-ad-slot=”5214384656″>

PORKSTARライティング講座VOL29

Time Flies!

ライティング業界にどっぷり浸かって早10年以上が経ちました。

ありがたいことに私たちライティング事務所PORKSTARは毎年、1000本以上の原稿を企業様や志ある個人様にご納品させていただいて参りました。

時にはクレームを頂き、唇をかみしめながら、

そして、時には素晴らしい反響をたたき出しボーナスを頂けることもありました。

さて、

その貴重な経験の中で、文章作成においてある大切な「事実」に気が付きました。

その事実とは、

文章には2種類存在するというこです。

それは、

「お金を産み出すことができる文章」

と、

「お金を産み出すことができない文章」

があるということです。

もしかしたらあなたは今、「当たり前ジャン!!!」と思われたかもしれません。

しかし、これは紛れもない事実なのです。

実は、

これまで私たちがお引き受けさせていただいた案件の中にとある「セミナー」の集客セールスレターをリライトしてほしい!というご依頼がありました。

そのご依頼内容は、

”投資関係のセミナーで、投資の方法を一流の投資家を招いて学ぶ!”

という趣旨の素晴らしい内容でした。

しかし、なぜかこれまでに一度も定員に達したことがないのです。

そこで、私たちに白羽の矢が立ったわけです。

私たちの仕事は最初にも終わりにも「分析」。

「分析」に始まり「分析」に終わるといっても過言ではありません。

実は、結果を出すことができるライターが実際にライティングしている時間はごくわずか。全体の10%にも満たないのです。

それでは、そのほかの時間は何をしているのか?

その答えは「分析」です。、

すなわち考えるのです。

何を考えるのか?

それは、

✔ターゲット
✔金額
✔キャッチコピー
✔その商品が読者にもたらすメリット
✔文章を最後まで読んでもらうための工夫
✔その商品をいかにほかの商品と差別化するか・・・

ということを徹底的に考えるのです。

天才デザイナーとして知られる佐藤可士和さんもその著書『佐藤可士和の超整理術』の中で、

良いデザインするための条件として商品を「丸裸にすること!」と言っています。

つまり、

いらないもの。不要なものを徹底的にそぎ落とすことで最後に残るもの。

それがその商品の最大の魅力であり、それを見つけて大きくアピールしてあげることが広告する側の義務であるということです。

そして、問題なのはその商品の魅力を商品を抱えている人が理解できていない場合が非常に多いということなのです!

そして、これは私たちがお引き受けした先のセミナーにもそのまま当てはまりました。

そのセミナー自体には何も問題はありません。

問題は、

そのセミナーの売り出し方でした。

ここまで分析をすれば文章作成の8割は終了です。

そのセミナーにおいては、

「ぶれていたターゲット」「他のセミナーとの差別化ポイント」の2点を徹底的に吟味してアピール文章を作成いたしました。

すると、



もののみごとに満員御礼!!!

「分析」「文章」の力が大きく発揮された結果となりました。

最後に最も大切なことをあなたにお伝えします。

もしかしたら、「文章」に問題がある!!!

と考える前に、

「分析」に問題がある!!!

と考えるようにした方がよいかもしれません。

文章はあくまで分析の表現に過ぎず、分析ができていない文章はまったくもって支離滅裂な内容になっています。

そう。

察しがいいあなたならもう気が付いているはずです。

お金を産み出す文章が持つ「特徴」とは「執筆前に徹底した分析が行われている!」ということなのです。

是非、あなたもこの「特徴」を試してみてはいかがでしょうか?

☆「結果に特化した」文章作成ならライティング事務所PORKSTAR!

solin32000200002000@yahoo.co.jp

情熱コピーライターが心を込めて文書作成致します ~おかげさまでリピート率8割越え!販売実績175件突破!~