data-ad-layout=”in-article”
data-ad-format=”fluid”
data-ad-client=”ca-pub-2538158845923156″
data-ad-slot=”5214384656″>

PORKSTARライティング講座VOL23

突然ですが、文章で結果を残すために一番必要なものは何だと思いますか?

その答えは、

「信頼」

です。

そして、その信頼を勝ち得るために必要なもの。

それが、

「共感」

なのです。

あなたの文章に共感するとき、あなたの文章は結果を残すことができるのです。

一方で、

その「共感」とはもろい一面を持ちます。

今回は、せっかく得かけている「共感」を一瞬で失ってしまう可能性がある非常に危険な3つの「言葉」について見ていきましょう!



共感が一瞬で崩れてしまう言葉!?

共感が一瞬で崩れてしまう言葉は確かに存在します。

このような言葉を読むと、心の中に抵抗感を持ってしまうのです。

中には拒絶して次の文を読まなくなる人もいますし、気持ちが悪くなったという人もいます。

それでは、それはどのような言葉なのでしょうか?

次の3つです。

1. 命令形
2. 非難・中傷・悪口
3. 説教

です。

どういうことでしょうか?

まずは1つ目の命令形についてです。

「命令」とは目上の人が目下の人に吐く言葉です。

この「上下関係」ができるということを現代人は極端に嫌うのです。

また、人の避難、中傷、悪口は共感が一瞬で崩れます。

非難、中傷、悪口になるようなことは、文章で発信するのは避けたほうが良いでしょう。

「説教」にも同じ効果があります。

ここで気を付けなくてはならないこと。

それは、

自分では「説教」だと思っていなくても、「相手に変化を求めている」文章は説教じみた印象を与えることが多いです。

具体的には、

~してください
~するべきです
~しなければならない

これらの言葉が文章に組み込まれるだけで、読者が持つ興味や共感を削ぐ働きをしてしまう可能性が高いです。

是非、これらの「知識」をあなたの文章作成に活かしてみてはいかがでしょうか?

PORKSTARPORKSTAR

☆「結果に特化した」文章作成ならライティング事務所PORKSTAR!
solin3200020002000@yahoo.co.jp

情熱コピーライターが心を込めて文書作成致します ~おかげさまでリピート率8割越え!販売実績175件突破!~