PORKSTARライティング講座VOL36

文書作成において「具体的な情報」には想像をはるかに上回る価値があります。

例えば数字。

何年何月の出来事だったのか。

あるいは、お店の隻数とかメニューの価格とか具体的な数字が入っている文章と入っていない文章では雲泥の違いがあります。

たとえば、次のような文章があったらいかがでしょうか?

おしゃれでセンスのいいレストランがオープンします。
広い店内には様々な工夫がなされていて、まるで昔の世界にタイムスリップしたような感覚になる空間です。
しばらくの間は赤字覚悟で割引しますので、奮ってご来店のほど、お待ちしております。

具体的な情報は何もありません。
「おしゃれでセンスのいいレストラン」と言われても。どうおしゃれなのか、どんなセンスなのかさっぱり伝わりませんし、そもそも何料理のレストランなのかさえわかりません。
「広い店内」といっても、どれくらいなのかわかりません。
もっと具体的な情報を入れて書くようにしましょう。

この文章に具体的な情報を入れることで、次のように改善することができるのです。



4月1日にイタリアンレストラン「トレビ」がオープンします。
コロッセオをイメージした店内には、ローマ時代の五賢帝があり、フロアスタッフの制服も最強のローマ軍を彷彿とさせるデザインになっています。席数200の広い店内には、120捌の観葉植物が生い茂っていて、まるでジャングルのような雰囲気です。ローマ時代にタイムスリップしたような感覚になる空間です。しばらくは赤字覚悟で全品5割引きでご提供いたしまので、ふるってご来店のほど、お待ちしております。

どうでしょうか?

「具体的な情報」、特に「数字」を加えるだけで文章の説得力が大幅に上がりましたね。

是非、あなたの文章にもこのテクニックを活かしてみてはいかがでしょうか?



☆「結果に特化した」文章作成ならライティング事務所PORKSTAR!

globalagentyamato@excite.co.jp

情熱コピーライターが心を込めて文書作成致します ~おかげさまでリピート率8割越え!販売実績175件突破!~