data-ad-layout=”in-article”
data-ad-format=”fluid”
data-ad-client=”ca-pub-2538158845923156″
data-ad-slot=”5214384656″>

PORKSTARライティング講座VOL12

こんな光景をみました。

東京郊外の小さな飲食店。

昼下がりのすいた店。明らかに地方から来たようすの若夫婦がじっと客席で待っています。

いつまで待ってもウエイトレスが注文を取りに来るはずがありません。

そこは、「セルフサービスの店」だからです。

東京では当たり前になっているドトールやエクセルシオールのようなセルフサービスの店ですが、私の実家のある田舎には1件も存在しません。

この事例で、一つ大切なことを学ぶことができます。

それは、

初めての人のためには、店の前に初めに注文し、飲み物や食べ物を受け取ってからお席へどうぞ」

と案内板があればいいということです。

しかし、

それが当たり前の人からは「わからない人がいる!」ということが、なかなか想像できません。

今回、私たちライティング事務所PORKSTARがこれまで1000本以上の文章作成をしてきた経験をもとに、あなたの文章の読み手を置いてけぼりにしない「1歩前提にひいて見るため」のコツを伝授いたします。



1歩前提にひいて見るため」1つのコツとは!?

「今年」の話をするなら「去年」の話を。

「来季の戦略」に入るなら「今期の戦略を」、そして「意見」が欲しいなら「問題点」を。

このような1つ前のプロセスを読み手と共有することは「結果」を出す文章作成には必要不可欠です。

今期の売り上げは、なんと9000万円!

と、「!」をつけられても、これがどういうすごい数字なのか、読み手のほうは「?」ですよね?

今季を照らすためには、「前期」を添える。

 今期の売り上げは、なんと9000万円!
(前期5000万円、78パーセントUP)

2つの文章の違いは一目瞭然です。

そう。

読み手の理解を深める、共感させるためには相手が「何も知らない!」ということを想定することは非常に大切な要素なのです。

あなたの文章にもこの技術を利用してみてはいかがでしょうか?



☆「結果に特化した」文章作成ならライティング事務所PORKSTAR!

solin3200020002000@yahoo.co.jp

情熱コピーライターが心を込めて文書作成致します ~おかげさまでリピート率8割越え!販売実績175件突破!~