PORKSTARライティング講座VOL72

意外性

があるとついついつい読んでしまう!

あなたもこんな経験をしたことがあるのではないでしょうか?

いい文章にはリズムがあるなんてよく言います。

確かに短く歯切れのいい文章はそう快感があるし、俳句でおなじみの七五調なんかも、読んでて気持ちいいですよね。

「一文が短いこと」

は、実用的な文章の一つの条件であると言えます。




ところが、「読ませる力」があるか?

と考えてみれば、単純に「短ければいい」というものではありません。

なぜなら、単調になるからです。

例えば、新聞記事はストレスなく読めるいい文章ではあるけれど、楽しんで読めるかというと、そうでもありませんよね?

それはなぜでしょうか?

それは、記事内容がつまらないことに加えて、文章がどこを見ても同じ画一的であることも一因でしょう。

つまり、読む側の予想に反する展開がないと、退屈な文章になり、結局読まれないのです!

それでは、どうせ売れば文章の中で「意外性」を出すことができるのか?

文章に意外性を持たせる方法とは?

そのヒントは「会話」にあります。

会話をイメージすると、おのずと答えが出てくるのです。

人に話をしていて、「ここが大事だよ!」という部分を強調したいとき、あなたならどうしますか?

恐らく「怒鳴る!」「叫ぶ!」という人は少ないでしょう(笑)

多くの人は、

声を張って、ゆっくりと、はっきりと語りますよね?

つまり、

”抑揚”

をつけるのです!

それでは、そのどのように書けば抑揚がつけられるのでしょうか?

効果的な抑揚のつけ方とは?

「文章の綴りかた!」

これが文章に抑揚をつける最大のポイントです。

例えば、

「体言止め」「言い切り」を使うことで強い語調になります。

反対に、

「かもしれない」「だろう」といった綴りを用いることで「曖昧」な語調になります。

このように、文章の抑揚は「綴り」を工夫することで意図的に生み出すことができるのです!

PORKSTARPORKSTAR

是非、あなたの文章にも抑揚をつけてみてはいかがブヒ?




☆「結果に特化した」文章作成ならライティング事務所PORKSTAR!
solin3200020002000@yahoo.co.jp

PORKSTARPORKSTAR

情熱コピーライターが心を込めて文書作成致します ~おかげさまでリピート率8割越え!販売実績175件突破!~