data-ad-layout=”in-article”
data-ad-format=”fluid”
data-ad-client=”ca-pub-2538158845923156″
data-ad-slot=”5214384656″>

PORKSTARライティング講座VOL27

突然ですが、

文章の分かりやすさで重要なのは、

「いかに具体的に書いているか?」

という事です。



抽象的な言葉は出来るだけ避ける、もしくは、抽象的な言葉を使う場合は必ず具体例を添える事がポイントです。

例えば、「愛」という言葉で考えてみましょう。

よく、「愛とは何?」という話題が出てくることがありませんか?

あなたも一度くらいは「愛ってなんだろう」と考えた事があると思います。

「愛」は抽象的な言葉と言っていいでしょう。

「愛」にも人それぞれの解釈があるかと思います。

✔「世界の恵まれない人に無償の愛を注ぐ」
✔「一人の女性を一途に愛し続ける」

などのイメージを持つ人がいるでしょう。

ちなみに私の思う「愛」とは、

”自分の命に代えてでも守りたいと思える気持ち”

だと考えています。

もう少しわかりやすい例を挙げてみましょう。

六本木の高級イタリアンレストランに行ったら満席だったとします。

あなたは若い女性の店員さんに「少々お待ちください」と言われました。

この「少々」という言葉は人によっては1分かもしれないし、5分かもしれない。

抽象的な言葉は人によって受け取り方が違うのです。

ただ「レストラン」というより、「六本木の高級イタリアンレストラン」と言う方が、「店員さん」というよりも「若い女性の店員さん」と言う方が、圧倒的に読み手には伝わります。

読者の脳内に映像を再生させることができる文章が理想です。

なぜなら、消費者があなたの商品を最初に使うのは読者の頭の中だからです。

まず消費者が具体的に商品を使っている姿を視覚的にイメージさせることが大切です。

「ピザが有名な六本木の六本木の高級イタリアンレストラン」というより、「レストラン」と言う方が簡単ですよね。

しかし、時間や手間をかけても具体的な言葉に言い換える価値は十分にあります。

書いた文章を読み直してみて、「頭の中に映像が再生できるか」をチェックしてみるといいですね。

☆「結果に特化した」文章作成ならライティング事務所PORKSTAR!

solin3200020002000@yahooo.co.jp

情熱コピーライターが心を込めて文書作成致します ~おかげさまでリピート率8割越え!販売実績175件突破!~