data-ad-layout=”in-article”
data-ad-format=”fluid”
data-ad-client=”ca-pub-2538158845923156″
data-ad-slot=”5214384656″>

PORKSTARライティング講座VOL21

「日本人の70%は読むことに何らかの障害を抱えている」

私たち日本人はこのように言われて久しいですよね?

それはなぜでしょうか。

その最たる原因が少子高齢化社会であると考えられています。

総務省の人口累計調査によると、すでに総人口の4人に1人は65歳以上。

老眼をはじめ、文字を読むと疲れる。座る姿勢がつらいなど、何かしら文字を読むのに難があります。

それでは「非・高齢者」はどうでしょうか?

だいたい40代後半になると、老眼の症状が出はじめます。

つまり、この年代の人たちも読むことに軽い障害を持っているのです。

さらに若い人はどうでしょうか?

目はよく見えるんだけど、知らない漢字や言い回しが多くて・・・

と。

このように考えていくと、

「私たちの大半は読むことに何らかの障害を抱えている」

というのも納得することができますよね。

しかし、結果を出すためにはこのような「読むことに疲れている」人たちにあなたの文章を読んでもらわなければなりません。

今回は、そんな少し高いハードルをあっさり超えて見せる「裏技」をあなたに伝授したいと思います!



小学生でもわかる文章!

「一番できないクラス」を担当することは一番の名誉!

これは、「教育業界」の定説です。

それはなぜでしょうか?

ズバリ、

一番できないクラスを教えることが一番難しいから。

まずは「興味」を抱かせるところから始めなければならないから。

実は、これは文章作成も同だと言えます。

つまり、

文章のレベルは、「趣旨」を損なわないギリギリのところまで下げる!ことが必要になるのです。

では、どのレベルまで下げる必要があるのでしょうか?

そのレベルとはズバリ

「小学生でもわかる」レベル

人間には元来、覚えたての難しい言葉や、専門的な言葉、業界や近い趣味の人だけに伝わる言葉を使いたがる困った癖を持ちます。。

言葉選びで迷った際には、

「この言葉は、小学生に通じるだろうか?」

と自問自答してみる必要があります。

もし、あなたにお子さんがいるなら聞くのも一つでしょう。

もう一つは「児童書」を思い切って読んでみること。

このような細かい配慮をもって書かれた文章とは、これほどまでに読みやすいのか!!!

と驚くに違いありません!

わかりやすくて無駄のない「児童書」の技法を真似ることであなたの文章の結果を大きく変わることに違いありません!

是非、あなたの文章に活かしてみてはいかがでしょうか?

☆「結果に特化した」文章作成ならライティング事務所PORKSTAR!

solin3200020002000@yahoo.co.jp
情熱コピーライターが心を込めて文書作成致します ~おかげさまでリピート率8割越え!販売実績175件突破!~