data-ad-layout=”in-article”
data-ad-format=”fluid”
data-ad-client=”ca-pub-2538158845923156″
data-ad-slot=”5214384656″>

PORKSTARライティング講座VOL32

ベネフィットは人間の衝動を掻き立てます。

キャッチコピーにベネフィットが入っていると、読者は本文を読みたくてしょうがなくなるのです。

魚釣りにたとえると、ベネフィットとは、釣り針につけるエサであるといえます。

エサのついていない釣り針を投げても魚は釣れません。

どんなにたくさん魚が泳いでいるポイントを見つけようとも、エサが付いていなければ魚は釣れないのです。

「ベネフィット」とは、直訳すると「便益」とか「恩恵」という意味があります。

大切なこと。

それは、このベネフィットをキャッチコピーに入れるということなのです!

言い換えると、

キャッチコピーに、

「この文章を読んだらどんな利益が得られるか?」

を入れれば、読者は読みたくなるということなのです。

ここでもう一つ大切なことがあります。



それは、

この文章のテクニックをうまく活用できるかどうかのカギは、

”読者のベネフィットを的確にとらえるかどうかにかかっている”

ということなのです。

そのためには、ベネフィットの深い意味を確実に理解しておく必要があります。

読者が「本当に求めているモノ」は何かを考えてみましょう。

たとえば、コンビニエンスストアであなたはコーラを買ったとします。

その時、あなたはコーラを買いにコンビニに行ったかもしれませんが、本当に求めていたものはコーラではないはずなのです。

のどの渇きを潤したくて買ったのかもしれませんし、コーラのCMが話題になっていて時流に乗り遅れたくなくて買ったのかもしれません。

文章を書くときに欠かせないのは、この「消費者の心理」です。

この時「のどを潤したい!」と「時流に乗り遅れたくない!」という2つの欲望が消費者行動を起こさせたわけです。この欲望をコーラという商品は満足させることができます。それがベネフィットです。

  そして、キャッチコピーを書く際には、このベネフィットに注目します!

  実は、消費行動を起こす欲望は大きく分けると次の2つに集約されます。

  それは、

1.苦痛を取り除く!
2.快楽を得る!

「時流に乗り遅れる!」というのは苦痛です。

その苦痛を取り除きたくて消費者は購買意欲を掻き立てられストアに走ります。

一方で、「のどを潤したい!」というのは快楽です。消費者はこの快楽を得たくてモノを買うのです。

ですからベネフィットはこうなります。

「あなたの苦痛を取り除いてあげますよ!」

「あなたが求めている快楽を提供しますよ!」

つまり、

「読者が感じている苦痛は何か?」

「読者が求めている快楽は何か?」

を具体的に見つける必要があるのです。

それを的確に実行できれば、読者の心を鷲掴みにするキャッチコピーを作ることができるのです!



☆「結果に特化した」文章作成ならライティング事務所PORKSTAR!

solin3200020002000@yahoo.co.jp
情熱コピーライターが心を込めて文書作成致します ~おかげさまでリピート率8割越え!販売実績175件突破!~