PORKSTARライティング講座VOL64

ネットを利用する人の多くが検索エンジンを使います。

これは、何か調べ物をしたり、商品を探したりする際に使います。

多忙な現代人は時間がない人が多く、情報を素早く知りたいと思っている人も大勢います。

つまり、サイトをゆっくり見ている余裕がない人も多くいるわけです。

どんなに良い記事を書いても、読んでもらえなければ何の意味もありません。

しかし、パッと読めるような2百~3百程度の短文では、伝えられる内容に限界があり、検索エンジン対策としてもマイナスです。

それでは、ある程度の文字数のボリュームがあって、それでいて忙しい方でも負担にならないようにするためにはどうすればいいのでしょうか?




文章の「売れる仕掛け」とは?

ある程度の文字数のボリュームがあって、それでいて忙しい方でも負担にならないようにするためには、

「ある程度の文章量があっても、そのサイトが何を言いたいのかパっとわかるようにする!」

ことが大切になります。

そして、それを実現させるためのあるテクニックがあります。

それは、

「強制誘導ライティング」

と言われるものです。

「強制誘導ライティング」の最大のポイントは太字です。

記事の最初から最後までの数か所を「太字」にします。

太字にするということは、もちろん大切な箇所だからですが、ここにはもう一つ大切な仕掛けが潜んでいます。

それが何かわかりますか?

それは、

「記事を上から読み進めた場合、太字だけを読むだけで記事の内容の骨子、要旨が分かるようになっている!」

ということです。

通常の記事は1500文字程度が多いですが、太字だけだと通常200~300字程度。

読者はパッと見ただけで、このページの言いたいことが理解できるのです!

そして、そこで興味を持った人が全文を読んでくれるようになるのです。

これが、

「強制誘導ライティング」

です。

是非、このテクニックを使ってみてくださいね!




☆「結果に特化した」文章作成ならライティング事務所PORKSTAR!
solin3200020002000@yahoo.co.jp

PORKSTARPORKSTAR

情熱コピーライターが心を込めて文書作成致します ~おかげさまでリピート率8割越え!販売実績175件突破!~