PORKSTARライティング講座VOL69

突然ですがあなたは、「インターネットで最も有効なマーケティング方法」をご存知ですか?

それは、

「ダイレクト・レスポンス・マーケティング」(DRM)

です。

直訳するとダイレクトは「直接」、レスポンスは「反応」という意味です。

つまり、

ダイレクト・レスポンス・マーケティング(DRM)とは、広告などを通じてお客様から何かしらの反応をもらうことを主体としたマーケティング手法になります。

また、DRMはオファー(取引の条件・提案)と行動の呼びかけがセットになっているのが特徴です。

それでは、ダイレクト・レスポンス・マーケティング(DRM)のメリットとはどのようなものなのでしょうか?

ダイレクト・レスポンス・マーケティング(DRM)が持つ2つのメリットとは!?

DRMが持つメリットは2つあります。

具体的には、

1. 効果を測定することができる!
2. 常に改善することができる!

ということです。

1つずつ見ていきましょう!

DRMは効果を想定できることが最大のメリットです。

美容院がダイレクトメールを送る、という状況を例に説明します。

ダイレクトメールで美容院がお客さんに来店を呼びかける場合、期間限定のクーポン券を付けることがよくあります。そのクーポン券をもって来店してくれればダイレクトメールを見た人が来店したと分かります。

千通ダイレクトメールを送ったとして、何人が来店したかが簡単に分かります。

この“効果測定の容易さ”がダイレクト・レスポンス・マーケティングの長所なのです。

そして、「効果を測定できる」ということは、「改善も容易である」と言えます。

先ほどの美容院のダイレクトメールを例にすると、クーポンの割引率を変えるとか、広告文を変更するなどしてテストをすることができるようになります。

そして、このテストの結果、反応が良かったものを採用すればよいのです。

このようなテストを繰り返し行うことで、より反応のとれるダイレクトメールを作り上げることが可能になるのです!

ここまで、「ダイレクトメール」を例にDRMのメリットについて紹介してきましたが、実は他にも使いようはいくらでもあります。

DRMはインターネットやテレビCMとも相性が良く、ネットでの広告やHP、テレビ通販などでもDRMは活用されています。

例えば、

ジャパネットたかた、やずやなどがDRMを使っています。

テレビCMや広告などで、

「商品を買ってください!」

と明確に伝えていますよね!

・うちの商品を買ってください!
・メルマガに登録してください!
・資料請求してください!




このようにお客様に直接反応をもらうための行動、これがDRMなのです!

是非、使ってみてくださいね!




☆「結果に特化した」文章作成ならライティング事務所PORKSTAR!
solin3200020002000@yahoo.co.jp

PORKSTARPORKSTAR

情熱コピーライターが心を込めて文書作成致します ~おかげさまでリピート率8割越え!販売実績175件突破!~